街の止まり木・原宿竹下通り「ドナ」―拝啓、ワンウエイ・みずほ銀行殿(4)

 たかが40坪程の我が家の庭。だが、ビワ・桃・梨・ぶどう・無花果・リンゴ・柿・ミカン…といつか増殖して今や何でもありの「家庭果樹園」である。雨上がりの日など、雀・ひよどり、時にはカラスまでやってきて、小虫を拾い、葉水をすすり、時には丹精込めた果実をついばみ、しばし飛び跳ねては去っていく。彼らにとって我が家の庭は、いわば縄張り地域内でのしばし憩いの止まり木屋形なのだろう。
 大きくても小さくても,豪華でも質素でも、生きとし生けるものにとって、およそ止まり木なるものは無くてはかなわぬものである。止まり木でしばし憩って、人はそれぞれ、様々な形で明日への活力を取り戻す。
 少し前まで、私のそれは、夜の街のバーであり、喫茶室であり、クラブであった。が、加齢してはいつか遠のき、それは普通の飲食店へと次第に所を変えていった。東京の田舎・八王子から都心に出かけた時、東京駅の「寿司岩」、新宿駅の「おだむすび」、「つな八」、どこも客を心から歓待する店員さんばかり。そしてあとの一つが、2階から賑やかな竹下通りを見晴らす、原宿・竹下通りのパスタ店「ドナ」である。
  3年ほど前、N響から原宿駅までの帰路、初めて通った竹下通り、たまたま入った「ドナ」での生ビールの旨さを思い出して、1ヶ月後にもう一度寄ってみた。同じ味わいだった。見た目も美麗な微粒でクリーミーな泡立ち、それがゆっくりと飲み終わるまでビールの風味を逃さない。ビールを注いだ店長さんを呼んでみると、長身で細身の今流イケメン、物腰も柔らかく,何とも好青年である。聞けば、サントリーの生樽名人の称号をもらっているとのこと。さもありなん,さもありなん。妻と二人、ここがすっかり気に入り、それから今日まで、N響の帰りにはいつも立ち寄っている。
 トップ(店長)の人柄はそのまま従業者に反映する。長く通っていると、誰が専任、誰が臨時か分かってくるが、ここではそんな違いに関わりなく、誰も客への応対は穏やかで温かく、思いやりがこもっている。私はそんな店員さんたちに「こんな店長さんの許で働いているとき、ビールのつぎ方を習っておかなければ、損をする」と言ったりしたが、誰も「大きなお世話」といった顔もせず、店長不在の折など、「今日は私が入れましたが、お味はどうだったでしょうか」とまじめな顔で訊いてくる。
 ある日、店長は不在だった。が、一口含んで驚いた。店長不在の時にこれほどクリーミーな泡立ちで風味のあるビールを出されたことがない。思わず持ち上げたグラスの縁(ふち)を唇に当てたまま、ゴクリとのどを通した後の余韻を楽しみ、そしてゆっくりともう一口―。その日の給仕は、小柄で愛くるしいアルバイトの女子学生のIさんだったが、いつから見ていたのか、彼女がそっと近寄ってきて、少し不安げに問うてきた。
「今日のお味はどうだったでしょうか」。 そして、当日のビールはまさしく彼女が注いだものだった。
 その日以降、ドナに行って彼女が居ると、健康のため控えていたにも拘わらず、私は必ず(彼女の)ビールを追加注文し、竹下通りを賑やかに行き交う若者達を二階の窓から心楽しく眺め下ろしながら、時に減らず口をたたいて彼女と話を交わす束の間の楽しみを味わった。ワイン党の妻もいつか、グラスビールを注文するようになっていた。
 そのIさんの大学卒業が間近になって、これが別れの時となる日、店長が気を利かせたのか、お勘定の帳場は最初、彼女一人だった。卒業後の就職先(日本郵便)の話を聞いたり、いろいろ名残を惜しんで店を出ようした時、タイミングを見計らったように、調理場の方から、少し年長の女店員が小走りに駈けてきた。しばらく見なかったが、以前はよく給仕されたものだった。
「ご無沙汰しています。出勤の時間が掛け違ってしばらくお会いしてませんでしたが、Iさんが居なくなっても後は私どもがきちんと接待させて頂きます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします」
 明るく、自然で、歓待の心がにじみ出ている。ドアを出る時、振り返ると、調理場の窓越しに、店長のNさんがこちらを向いて辞儀をしている様子が見えた。
 原宿・竹下通りのドナ。ここには、おいしいビールとおいしいパスタ、そして温かい心が溢れている。(つづく)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。楽しく読ませてもらいました。このブログを今後も参考にさせてもらいます。ありがとうございました。

最新コメント

プロフィール

宗内 敦(カラーピラミッド)

Author:宗内 敦(カラーピラミッド)
教育・文芸同人誌『琅』発行人
「書肆彩光」代表者
日本教育心理学会会員
日本ペンクラブ会員
”下記の著、拍手・コメントを頂戴した方に贈呈いたしたく。ご希望あれば、ご連絡下さい。”
 ☆『二言、三言、世迷い言』(書肆彩光 1012)
 

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR