スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人か、組織か。―〈拝啓、みずほ銀行殿(6)〉、〈拝啓、フランスベットホールディングス殿〉、そして〈拝啓、レナウン様〉―

 過日、静岡地裁が袴田事件における警察の恐るべき冤罪作りを疑い、死刑囚の袴田巖氏を釈放した。つい先年にも、足利事件が警察の冤罪作りであったことが判明して、同じく死刑囚とされていた足利利和氏が釈放されて大騒ぎしたばかりである。むかし家裁調査官をしていた頃、警察の取り調べを受けた少年達から、幾度も聞かされた。「取り調べを受けてみれば、誰にもすぐ分かるよ。警察が権力を笠に着た〝公的ヤクザ〟だということが」。
 警察という組織が人を作るのか、人が警察を作るのか。いずれにしろ、人を罪人として仕立て上げてその一生を葬り、なお平然とする恐るべき存在。それに慄然としながら、世人は自分たちがそうした人や存在を作り上げてきた一因を担ってきたことには気づいていない。見回せば、世の中には、明らかな犯罪行為にまでは至らなくても、人を傷つけ欺き、あるいは権利を侵害して、平然と人々に害を与える人と組織がごろごろと転がっている。そういう〝小事〟が、実は、人や組織をして悪への罪意識を奪い、また世の中全般に悪への免役性を育て、大事・大悪を生み出す社会的な基(もとい)となる。小事・小悪が蔓延するところには大悪が芽生え、それが正しく指弾されるところには大悪はけっして生じない。被害者を自死にまで追い込む「いじめ」社会を見ればよく分かる。「二言、三言、世迷い言」と称して、私が好んで、それら小事・小悪を取り上げ、糾弾を続けている所以である。
 勿論、小事・小悪の向こう側には、小事・小善をもって世の中を暖かく支える人たちもたくさんいる。その人たちから受けた人情や厚情こそ、まさにかけがえのない癒やし薬であり、悪意や悪事に向けて気持ちが高ぶるとき、それは潮を返すように甦り、世の中を信頼し、明日を信じる気持ちを取り戻させてくれる。そのときまた、善を称え、悪を糾弾する心構えが、再び、立ち上るのである。
 
 ① 「拝啓、ワンウエイ・みずほ銀行殿(6)」
 さて、旅行から帰って数ヶ月後、みずほ銀行の暴力団融資事件が世間を騒がせ始めた。その問題がよい潮となり、鬱憤やる方のなかったこの銀行とのやりとりを書いて本ブログ欄にアップした(「拝啓、みずほ銀行殿」)。次いで取引停止について、まずは投資額の大きい投資信託の解約から始めることにして、その解約依頼を八王子支店に電話連絡したところ、なんということ、此度はすぐに応じて、自宅まで手続きにやってくるという。が、翌日やってきた担当者(S)が差し出した解約申請書なる書類を見て驚いた。他の証券会社に移管すると伝えておいたのに、なんと売却申請の書類なのである。それを正すと、これまたなんと、当社の規定は他社への移管は認めていない、売却する以外には解約できない、と宣い、それはいかにもおかしい規約だと何度申し立てても、それは出来ないの一点張り。年寄り相手と見くびって言いくるめようとする様がありありと分かる態度である。あきれ果てて、「もう、よい。しかるべき所に通告する」と言って、その行員を家から叩き出した。翌日、問題解決を相談する役所関係はどこかと思案していると、その行員から電話が入った。「昨日は、失礼しました。調べてみたら、他社への移管が出来ることが分かりました。早速手続きに伺います」。
 こうして、一件落着とはなった。が、この銀行のこれまでの対応、なんとも不愉快、また何とも解せない。そこで、この銀行のインターネット上の「お問い合わせ ご意見・苦情」サイトにこれまでのいきさつを簡略化して報告し、「より詳しくはネット上の〈「拝啓、ワンウエイ・みずほ銀行殿」〉をご覧頂き、御社のご意見を伺いたい」と添えてみた。数日後、その本社からではなく、例の八王子支店のS氏から電話が入った。「何か、本社の方にお問い合わせをされたようですが、どういうご用件でしょうか?……」
 そのけろりとした言い様には、咄嗟に返す言葉もない。その後、いくつか質してみると、おおよそ「本社からは具体的な話は何もない、ただ、お客様がなにか問い合わせたいことがあるようだった、ということなので電話を差し上げたまで」とのことだった。ここに至って、これが、みずほ銀行の体質か、とすっかり嫌気が差した。折も折、『琅』25号に掲載した「拝啓、みずほ銀行殿」を読んだ友人の一人から「最近暴力団への融資が暴露されていますが、そういう会社なのですね。論より証拠なのですね」と感想が寄せられた。数日後、私は実はささやかながらこの銀行の株主の一人でありながら、預金通帳の解約はもちろん、隣家の主が勤務していて長年取引のあったみずほ銀行の子会社「みずほ証券」との取引もすべて打ち切った。
② 「拝啓、フランスベットホールディングス殿」

続きを読む

スポンサーサイト

最新コメント

プロフィール

宗内 敦(カラーピラミッド)

Author:宗内 敦(カラーピラミッド)
教育・文芸同人誌『琅』発行人
「書肆彩光」代表者
日本教育心理学会会員
日本ペンクラブ会員
”下記の著、拍手・コメントを頂戴した方に贈呈いたしたく。ご希望あれば、ご連絡下さい。”
 ☆『二言、三言、世迷い言』(書肆彩光 1012)
 

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。