スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

降りかかる火の粉は払わねばならぬ―泣く子と地頭は諸悪の根源―(人か、組織か⑶ 拝啓、新生銀行殿)

 まさか、ひとかどの銀行たる新生銀行が、顧客に対してかくも常軌を逸した対応を次々為してくるとは…!
 新生銀行によって引き起こされたトラブルについては、その問題を取り上げる意義に触れながらすでに2回(①泣く子と地頭には勝てぬ? 「新生銀行、お前もか」、②拝啓、金融庁殿&総務省「情報公開・個人情報保護審査会」殿)、本ブログ欄で取り上げてきたが、この度、遂にやむにやまれず東京地方裁判所に提訴するに至った。その経緯は長いが、簡略に示せば以下の如くである。

 <提訴までの経緯>
・10年程前、新生銀行で投資信託証券(グロソブ)を購入。
・一昨年3月、それを他の金融機関(SBI証券)に移管(振替)しようとしたところ、「弊社は約款に従い、投資信託証券の移管及び移入はかつて一度も行ったことがない」との回答。しかし、約款の振替規定は、各社のそれとひとり異なり、振替の諾否は銀行が随意に行えるとした違法な、かつまた無法な内容。
・その後、約款の違法性も指摘しながら、何度か振替を迫ったが、いずれも拒否。
・そこで、H29.01.13 提訴を前提の最後通達として、振替依頼書の送付を求める振替申請書を新生銀行宛に書留便で送達。事前に相談した弁護士は、相手側は自らの非に気づいて早速にも振替申請書を送ってくるとの見通しを立てていたが…、
・以後10日間、何らの回答も無し。(謝罪の有無に関わりなく、振替を申請するための振替依頼書を送付してくれば、過去の経緯を水に流すつもりだったが)、やむなく、
・H29.01.24 東京地方裁判所に提訴(平成29年(ワ)第2148号振替請求事件:担当裁判官 井出弘隆) 。

 <提訴の内容>
(1)被告は社債、株式等の振替に関する法律70条に基づき、原告所有の本件受益権について、訴外株式会社SBI証券に存在する原告名義の振替口座への振替を行うべく、手続きを開始せよ。
(2)訴訟費用は被告の負担とする。

 <裁判の過程1・新生銀行の応訴の内容> これに対し、新生銀行は応訴してきた(被告代理人弁護士・露木琢磨、小林聡)。以下(1)(2)(3)がその答弁書の要旨である。
(1)当社一般口座における原告所有のグロソブについて、「当初、被告は、原告による本件受益権の振替の申請を承諾しないこととしたが、その後、これを承諾することとし、原告が希望する振替先である訴外SBI証券に対し、振替手続を行う旨を連絡した」ところ、SBI証券には同一銘柄を一般口座と特定口座に分けて所有することは出来ないという内部規定があり、すでに特定口座に同じグロソブを所有している原告の証券(グロソブ)を一般口座に受け入れることはその規定に抵触し、そのため、「原告の振替申請を受け付けることはできない」旨の回答が戻ってきた。よって、
(2)被告が「社振法70条による措置を執る必要は無い」。
(3)訴訟費用は原告の負担とする。
  唖然とした。また、あくまで振替拒否を貫こうとする形振り構わぬその姿勢に、思わず背筋が寒くなった。本訴は、原告の振替要請を被告新生銀行が「約款に従って移管(振替)も移入も行ったことがない」と頑強に拒否し続けて来たが為に、原告の正当な要請である「振替手続」を行わせるべく(換言すれば、被告の違法性を認めさせるべく)起こされたものである。それ故、応訴して被告が行うことは、これまでの対応の法的正当性を(粛々と)論じればよいだけである。もしそれが(裁判所によって)認められれば、原告(私)が敗訴し、もし認められなければ勝訴し、次いで振替手続の申請・受理となる。本件の処理はそれで終わる。従って、振替要請の最後通達まで無視した被告が、どこでどのようにして得た情報(SBI証券における私のグロソブ所有)か不明だが、提訴された後に振替を行おうとして得られたとする情報に基づく主張は全く論外、応える必要も無いはずである。それにしてもしかし、被告は何故、「当初、…振替の申請を承諾しないこととしたが、その後、これを承諾することとし、SBI証券に向けて振替手続を行おうとし」た、と言うのか。だとすれば、その行為は即ち、被告が振替拒否の根拠としていた振替規定をして「振替の許諾は当行の随意」だとする違法規定そのものであることを自ら証明したことにもになるのである。さらに、私からのSBI証券に対するその後の問い合わせで判明したが、SBI証券から「原告の振替申請を受け付けることはできない」旨の回答があったとする件も偽りであったことが判明した。

 <裁判の過程2・答弁書への反論-準備書面>  かくして私は、第2回公判時には、これらの材料も加えて、(素人ながら)数多の証拠資料を挙げて、約款その他の違法性や無法性さらには証拠偽装性を立証する資料(第2回公判:準備書面)を作成して提出した。が、裁判という土俵の場は私の常識のレベルを超えた。裁判官からは「違法性云々は、この際は関わりが無い」「重要なのは、振替が可能であるか否かの状況確認」だとする、やんわかなコメント(お小言?)を頂戴した。まさに然り(?) 後刻、被告側から裁判所に対して、振替の可否を確かめるための、SBI証券の特定口座における原告のグロソブ保有の有無を調べる調査嘱託が申し立てられた。「保有は無し、振替は可能」という回答が来たのは、当然のことである。

 <裁判の過程3・H29.5.30 第3回口頭弁論>
 提訴内容がそのまま判決されると思い込んでいた。が、裁判というものが、よく分からない。裁判官から、要請が出た。
 〝振替が出来ることが分かったから、訴えを取り下げたらどうか〟と、和解(?)の意に取れる発言から始まった。しかし、訴訟費用はどうなるかの私の質問に対し、裁判官は口を濁し、結局、それは新生銀行が訴訟費用を持つか持たないかの問題として、裁判(口頭弁論)を次回に持ち越すことになった。
 私の主張は、最初から最後まで、和解は無し、判決を求める、であった。それを裁判官の意向を斟酌して、裁判を円満に解決するのもよしとしたのが、失敗だったようである。その後、新生銀行から、別添文書に見るように、通常「収入印紙代+出頭交通費+α」とする訴訟費用を、印紙代のみとして了解し合ったかの如く装った和解条件を送ってきた。
 いかなる意図があるのか、分からない。もし原告に裁判所出頭旅費を出させない和解を成立させれば、約款の違法規定、様々な原告に対する非道な対応など一切無かったと主張し、また正当化することが出来る、とでも考えているのだろうか。

 謝罪心など、片鱗も見られない。私が正面から取り組んで話し合う相手ではないやに思われる。このまま、判決を所望し、高裁で、改めて審議してもらうのが、最善の道、また、約款の違法性についても、法的にどこぞに検討させるのが良策かもしれぬ。提訴の前、訴状の中身が正直すぎる、弱すぎる、損害賠償や慰謝料も加えなくてはなめられる、裁判とはそうしたものだと進言してくれた人もいた。損害賠償はともかく、私は慰謝料に関しては、被告の答弁書を読んだ直後に、怒りがこみ上げ、もし裁判事項を増やすことができるものなら、慰謝料請求を加えたいと、一瞬、別紙の如く書き綴った。ご笑覧の程。

 何が何でも振替阻止を図ろうとし、裁判に入ってもなお平然と無法な言述を重ね、圧力を加えてくる新生銀行。まさに泣く子と地頭の無法と無体。一体何のために? 元は筆者を老齢者と侮ってのことか。これは、高齢者を巧みに騙す振込詐欺よりさらに悪質である。弱者と思えばどこまでも相手を不当な力で圧倒しようとする、こうした〝小権力(権威)主義〟は、まさに世に蔓延る諸悪の根源である。
  無法な力に押し迫られたとき、受ける苦しみは個々人の個性、価値観、環境等、様々な違いによって多様、またそれへの反応も人様々である。闘う者、退避する者、心身を病んで苦しみあがき、非行・犯罪、精神疾患に陥る者…,、そうして、やがては、頼るところ逃れる所を失い、連綿と続く苦痛の果てに、いわゆる〝電通「過労死」問題〟や〝原発避難いじめ事件〟、国際的には、自爆テロへの参加等々などにも見られるように、自死をもって解決を図る人さえ出るようになる。此度、私に偶々降りかかった無法の火の粉は、世のため、人のためにも、如何に苦しく、また労力・経費を費やそうとも、きっと打ち払って、世の中を浄化する一石としたい。もって、提訴した所以であった。
 世に言う公序良俗、そして良識や常識に基づく正義なる判決を待ち望んで、取り敢えずの筆を擱くが、本件に関して、とりわけ金融機関に関与する方々のご意見を、是非にも頂戴したいものである。(H17.6.6 加筆)

 世の中のためによかれと思いつつ書いています。共感くださったときには、拍手を下されば、有難く存じます。

訴訟結果ご報告
  ご訪問の皆様、おかげさまにて、本件は,被告(新生銀行)に対し、原告(私)訴えの通り、証券移管、訴訟費用被告負担を行わせることで、決着しました(7/12 東京地裁)。様々な事情を勘案し、また「忖度」して和解という形は取りましたが、当然のこと、全面勝訴の内容。本日、相手方の履行も確かめましたのでご報告致します。本ブログをお読み下さり、また応援・支援の拍手を入れて下さった方々には、厚く厚く、心より御礼申し上げます。
 まっとうな銀行であるはずの新生銀行、その顧客に対する無法きわまる行為が許されないのは当然のこととしても、世の中というもの、本当に恐ろしいものですね。本件は、このような不正義を裏面で支えた金融庁並びに総務省の「悪」とは関わりなく決着させましたが、二つの官庁の問題については、目下、この歳になっての(本件が因の)1年有余のブランクを大わらわで取り戻すべく早速に始めた次著(『エッセイで読み解く「教育・指導のエッセンス」』の編集作業が終了次第、それなりの形で取り上げていきたいと考えています。
 それにしても、裁判を起こして後、学校・企業体そのほか諸々のいじめ社会の中で孤立・孤独のまま自死に至る被害者の思いが、今更ながら、痛切に共有させられました。傍観者ならまだよし、傍笑者(かつて筆者が用いた用語)がいかにたくさん存在するか……。(もしよろしかったら、このエッセイ「十三分の一」をお読み下されば……、大変嬉しく存じます。)
 この経験を生かして、なお一層の研究、著述に励む所存です。今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 8/7 宗内 敦
                                                                      
スポンサーサイト

最新コメント

プロフィール

宗内 敦(カラーピラミッド)

Author:宗内 敦(カラーピラミッド)
教育・文芸同人誌『琅』発行人
「書肆彩光」代表者
日本教育心理学会会員
日本ペンクラブ会員
”下記の著、拍手・コメントを頂戴した方に贈呈いたしたく。ご希望あれば、ご連絡下さい。”
 ☆『二言、三言、世迷い言』(書肆彩光 1012)
 

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。