小池新知事の「築地市場の豊洲移転延期」賛成―家庭果樹園のささやかな薬害体験を通して

 小池東京都新知事が都政査察第一弾として、土壌・水質問題に懸念がある「築地市場の豊洲移転」の延期を決めた。これによって多大な迷惑・損害を受けるだろう関係者各位が少なからず居ることは百も承知の上で、最近被った小さな小さな薬害体験にも鑑み、無力ながらも大きな賛意を表したい。

  このお正月、15年ぶりにわが家の屋根・壁塗装を施した。依頼先は、わが家を建築させた大手住宅建築会社のS社である。現場主任が細かいところに目の行き届く人物で、仕上がり具合は良好、特に問題も無く、無事に終わった。ところが、数ヶ月経って、塗装工事の仕上がりとは関係の無い、しかし私にとっては極めて重大な場所に、大きな問題が発生した。それは、この欄でも幾度か登場させているわが家の庭の果樹園、名付けて「彩光果樹園」の果樹の中に、ほとんど花芽の出ない、かつまたその少ない花芽がほとんど開花しない不良樹が、何本も出たことである。
 わが家の庭は、たかが庭面積50坪ほどしかないが、南側と西側は除いて、建物の直近から庭の隅々まで、初夏から晩冬にかけて折々の果実を豊かに恵んでくれる自慢の果樹でぎっしり埋め尽くされている。例えば桃で言えば、6月下旬の「千代姫」、7月中旬の「白鳳」、9月下旬の「黄金桃」・「秋空」、梨では8月上旬「愛甘水」、8月中旬「幸水」、9月上旬「長十郎」、9月中旬~11月中旬「王秋」・「ラ・フランス」・「清麻呂」・「愛宕」、みかんでは9月下旬「日南の姫」、10月下旬「琅」、12月~3月「はるみ」・「青島」・「デコボン」・「津の香り」・「瀬戸香」、「甘夏」、さらに柿では9月~10月「西村早生」・「次郎」・「富有」・「太秋」・「甘百目」、そしてそのほか、5月のビワ、9月のブドウと無花果、10月のキュウイ、リンゴ(津軽・王林・ふじ)……。
 語るだけでは、なかなか信じてはもらえまい。たった50坪の庭の中に、そんなに多種多様な果樹を植えられるわけがない、と。さもありなん、これらの木々のほとんどが接ぎ木同族種で出来上がっており、梨5種とリンゴ3種を一本に纏めた愛称「梨檎(りりん)」を初め、純粋に一種だけの樹はほとんど無いのである。それは少しずつでも、年間切れ目無く(無農薬で安全な)おいしい果実を食べ続けたいという無邪気な欲望の基に、思案の末に行き着いた夢の果樹園なのであった。その夢はここ数年、かなり満たされるようになり、時には親しい方々に気持ちだけでもお裾分けできるようになってきていた。
 そんな矢先、突然の、今年の“大凶作”である。花芽は出ない、出ても咲かない樹が続出し、梨では愛甘水、ラ・フランス、玉秋、ミカン類では「琅」・「日南の姫」を除いて、ほとんど全滅に近い有様となった。特に、冬場に採れる柑橘類が無くなったことは、無念の限り。見れば瞭然、花芽が出ない(併せて新葉の出も不良)樹は、すべて建物周囲の壁に近い木木である。これを思うに、壁を塗布する際に用いられた塗料、薬剤が影響した、即ち薬害そのものであったと考えざるを得ない。しかし、壁から多少離れた所に植わっていた木では、被害の程度にそれぞれに差があった。ミカンでは、晩柑種(「はるみ」・「青島」・「デコボン」・「津の香り」・「瀬戸香」、「甘夏」)はほぼ全滅状態だったが(当初、花芽がいくつか出ただけ)、早生種(日南の姫)にはあまり被害(薬害)が見られなかった。また、桃では、極早生(千代姫)には影響は無かったものの、晩生種の着果が悪く、盛夏に向かうにつれて、たった一本しかなかった秋空の主枝が枯れ果ててしまった。もうその大枝を切断する以外に道はない。ただ、リンゴの枝だけは被害は比較的小さく、それなりに今、旬の時を迎えようとしている。
  塗装業者には、慎重の上にも慎重に足場を組んでもらい、果樹の枝一本も傷つけることのないように、作業をしてもらった。だが、上記した如く、わが家の果樹は家屋の壁、即ち作業現場に近接する場所で生育不全が顕わになり、大きな被害が発生した。思うにこれは、家屋塗装の際に使用された塗装剤等に含まれる薬剤に起因する薬害と断定せざるを得ない。
 以上を総括すると―、家屋塗装工事に際して、家庭果樹園に大きな薬害が生じた。果樹の種類によって多少被害態様が異なるが、塗装現場に近いほど、枝枯れも目立つなど被害は甚大、来期がどうなるか、不安は尽きない。予想もしなかったこの無惨な結果に、今や、茫然自失と言ったところである。とは言え、よくよく振り返れば、こうした事象を青天の霹靂と言えば嘘になる。実は、前回の塗り替え当時、「彩光果樹園」はまだ造園初期で、家屋直近には果樹は1本もなく、植わっていたのは、毎年麗しいピンクの花を咲かせるハナミズキの樹1本だけであった。そのハナミズキが、今回と全く同じ1月の塗装を終えた後、春になっても芽吹きが悪く、それどころか、4月、5月と経つにつれて枝葉を枯らし、盛夏を迎える前には遂に枯死してしまった。よもや薬害?と思いつつも、その後植え始めて盛んに生育する果樹の群れに目を奪われ、いつかこの事実を忘れる中で、此度の〝惨禍〟が生じた。これを昨今決まり文句の「想定外」だったと言って済ませられるか。幸せそうに、咲いて実って大きな至福を与え続けてくれた果樹たちに対して、申し訳ない気持ちで一杯である。

 さて、公害の原点は、工業水の垂れ流しに起因する水俣病にあると言われている。その後、環境汚染の恐ろしさは誰しも知るところとなったが、実際の被害体験の有無、また同じ環境下でも様々な条件の違いによって様々に異なる個々の被害状況などから、公害問題に関する問題意識は国民各自によってかなり異なる。ちょうど第二次世界大戦時の被害体験の有無や深刻度の違いによって生じるそれとよく似ている。それは近年起きた東北大震災時における原発事故の生起後でも、それほど変わるところではなかった。そうした状況下、築地市場の豊洲移転問題における水質等汚染問題に関わる環境問題は当初大いに関心を集めていたが、昨今、どこか浮かれて、万一の事態など考慮することなく、移転は順調に進行形になっていた。折も折、またしても列島は「想定外」の地震や台風に襲われ、国や自治体は甚大かつ悲惨な被害や被害者を前にして、それを救う良策とてなく、その対処に右往左往している。そして発せられるのが、「想定外だった」、「想像を超える惨禍だった」などという無責任な為政者達の声である。顧みればしかし、どのような惨禍も、それを懸念し予期し得る貴重な教訓は必ずどこかにあったはず、責任逃れのこうした戯れ言は、もうこれ以上聞きたくはない。折も折、新たに安全が確認できるまで移転を延期するという、頼もしき為政者が現れたと実感させる、小池百合子新都知事の登場ではあった。
 政治権力というもの、己の利益や権勢欲から離れ、国家・国民の将来に関わるこういう問題にこそ、遠慮なく大いにその権能を発揮してもらいたいものである。と、このところ長く、小さな国家権力の地頭的権威主義に苦しめられている小国民は声を挙げる。

* 世の中のためによかれと思いつつ書いています。共感くださったときには、拍手を下されば、有難く存じます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント

プロフィール

宗内 敦(カラーピラミッド)

Author:宗内 敦(カラーピラミッド)
教育・文芸同人誌『琅』発行人
「書肆彩光」代表者
日本教育心理学会会員
日本ペンクラブ会員
”下記の著、拍手・コメントを頂戴した方に贈呈いたしたく。ご希望あれば、ご連絡下さい。”
 ☆『二言、三言、世迷い言』(書肆彩光 1012)
 

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR