スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心忘るべからず―「なでしこジャパン」の敗因

 W杯女子サッカー、決勝進出グループ1位をかけての対イングランド戦で、なでしこジャパンは大した見せ場もなく、無残に敗れた。先の試合で予想外の大勝をなし、勝たねばならぬ、勝って当然、勝てるはずだ・・・等々、いろいろな思いで気負った面もあろうけれど、開始直後から見られた、ちょうど男子日本代表のひと頃見せていた俺が俺がの気負いよろしく、機熟する前の強引なシュートを放つ戦いぶりを彷彿とさせる展開は早くも敗戦を予想させた。1対1の対峙を見てもすぐに分かるように、日本選手の個人技は,体躯的制約からも、ヨーロッパ諸国の選手に比べてまだ大きく見劣りしている。気負って、連帯力を弱めた戦いでは、とても体格・個人技に勝る外国チームに勝てるわけがない。私が敬愛し続けてきた「なでしこジャパン」ほどのメンバーでも、「連帯」という初心を忘れることがあるのか、試合終了後の各選手たちのインタビューにおいても、それに対する内省の弁は誰の口からも出てこなかった。これでは、陣形も崩れ、肝心の守備意識もちぐはぐとなり、赤子の手をひねるように苦もなく相手にひねられて、当然の結果ではあった。
 野球やバレーなどの集団戦、テニスや柔道などの個人戦、どんな態様であれ、大勝した後の試合では、つい初心を忘れて、雑になって自滅する。これはプロもアマも、大人も子どもも、いやいやスポーツに限らず、どんな世界においても普遍の出来事である。その根源の理由は、即ち「初心」を忘れてしまうことである。昨今では、我が国政道における「民主党」の堕落・凋落がその典型的、代表的事例であろう。が、もともと彼らに「初心」といったものがあったか否かは、まことに疑わしい。政権を奪いたくて、野党時代に耳障りのよいことを政策として並べ立てていただけだったとしか、今にしては考えられない。初心とは、底の底に真の哲学・理念が埋まっているものであり、そうであればあれほど見事に「変質」するわけが無かろう。
 なでしこジャパンが体現していた「一致団結」と「連帯力」は、身体的にも劣る日本女子サッカーが世界に伍するための、ほとんど唯一最大の武器。そしてみんなで必死に保ち、築き上げてきた「初心」であった。それは単なるスローガンや商業カタログなどではけっして無かったはずである。資源に乏しい我が国をして、1945年、戦後の悲惨のどん底から立ち直り、立ち直らせてきた「国民的初心」は何であったか。混迷を極める政治災害によって、東日本大災害に打ちのめされている方々を中心に、深刻な国難状況がもたらされている。こうした中にあって、「なでしこジャパン」は、人が与(くみ)するときのあるべき理想の姿を示すことによって、今や、夢と希望をもたらす正道な国家的アイドルでもある。次の決勝トーナメント1回戦では、「初心忘るべからず」。一致団結と連帯の精神は、すべての前進と復興の要、それを国民全体に、今一度体現・具現してもらいたいものである。

大震災被災の方々、がんばってください。国中で、応援しています。

大震災で被害を受けた方々へは、お慰めする言葉もありません。が、私たち日本人はみな、人間中の人間です。下の文章は、私が送った見舞い状に対する被災地からの返信ですが、お読みいただき、心の支えの一つにしていただければ、と思います。苦難の中にあって、なお人を思う気持ちに溢れています。皆様にも、いずれ国全体からの応援が形をなして、伝わってぃくはずです。耐え難きを耐えて、辛抱してください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お手紙頂戴いたしました。
ご心配下さいまして、ありがとうございます!
こちらは一家全員、またそれぞれの家族も無事でした。
八戸は津波の被害が大きく、たくさんの家や船、工場が流されました。亡くなった方もいます。
私の家は、津波が押し寄せた八戸港から4キロほどのところにあります。
岩手や宮城のような、10キロにも達する津波にみまわれていたとしたら、どうなっていたかわかりません。
自分の命は、たまたま助かっただけだと思っています。
あの日、大きな揺れが数分間も続き、直後に停電しました。
それからは数分おきに何度も何度も余震が来て、1歳の息子はその度に私にしがみついては、半べそをかいていました。
夫は市役所勤務です。地震以来、何日も帰ってきませんでした。
余震が続く真っ暗い部屋で、息子をしっかりと抱きかかえながら、寒さと不安の中、朝が来るのを待ちわびる日々でした。
数日してやっと電気が復旧し、ニュースを見ましたら・・・。
何ということが・・・。
目の前で家族が流された人、大切な人を守れなかったと自分を責め男泣きに泣く人、両親の形見すら何一つ残っていないと泣く夫婦、避難アナウンスをしているパトカーごとのまれてしまったおまわりさん、支援物資の不足を涙ながらに訴える首長さん、10日ぶりの温かい食事に涙を流す避難所の人々。
家の中に居てさえ寒さで眠れなかったのに、避難所の寒さはどんなに応えることでしょう。
息子は新生児の頃、1日に15回もウンチをしていました。紙おむつが届かないお母さんはどんなに辛いことでしょう。
暖房どころか毛布さえ不足している氷点下の毎日、1日1個のおにぎり、水を流せないトイレ、放射能の恐怖。家族や家を失ったうえにこの仕打ちです。なんて残酷なんでしょう。
「家族の無事が確認できたからこそ、安心して災害対策の任務に専念できた」と言う夫。家族の安否もわからないまま、救助や避難所の激務をこなす職員さんの気持ちを思うと切ないです。また、私も夫の体調だけを心配していれば良いのですが、自衛隊や原発の暴走を阻止すべく闘っていらっしゃるみなさんの奥様・ご家族はどんなお気持ちで待っていることか。放水隊の隊長さんの涙の会見に、胸がいっぱいになりました。
辛くて仕方がないのに、ニュースや新聞から目を逸らしたり、耳をふさいだりすることもできず、毎日涙を流しては胸がつぶれる思いをしております。
地震以来、食欲が落ち心から笑えなくなりました。
今起こっていることが、私だけが見ている悪夢であったら良かったのに、と何度思ったことでしょう。
先生、今はそのことが辛いです。
八戸は、灯油やガソリン、食料が不足しています。
先日は5時間も並んでやっとガソリンが10リットル買えました。
でも、一部の店舗ですが、少しの野菜やお米が店頭に並ぶようになりました。
多少不自由はしていますが、大丈夫です!
首都圏のほうが、計画停電で大変なような印象を受けます。
こちらと同じように食料品や燃料が品薄になっているようですし。
もしお野菜が不足するようでしたらお知らせ下さいませ。
東北道が開通しましたので、青森県産の新鮮なお野菜をお送りしたいのです。
:
:
:
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

首都圏の電力制限、物資の不足なんて、戦後の混乱、此度の震災地を思えば、「贅沢」な悩みに過ぎません。政争や権力闘争などやる暇、かけらもないはず。一刻も早い、被災者・被災地への救援・援助活動に向けて、政府・自治体の行政機関が、それこそ死にものぐるいで一致団結した活動をすべきです。一致団結とは、スポーツの世界などで軽々に言う「戯れ言」ではないのです。がんばれ、政治家、地方自治体の皆さん、

# 事始め

 遅ればせながら、ブログなるものを始めることにした。が、物忘れも日ごと夜ごとに深まりくる、寄る年波には勝てないのだろうか。まずは「事始め」と書いたは良いけれど、"事"は平仮名だったか、"始め"もまた平仮名だったか、はたまた"初め"だったかと、確信もなく…、と船出でつまずく。でもいいか、何処に行くともわからないからこそ楽しいネット航海日記を、早速始めよう。
 とは言え、始めた動機は何だったか、それも定かではなく、これもまた心もとない。ただ一つ確信的に言えるのは、酒は涙かため息か、心の憂さの捨てどころ、とでも言うべき、心の船泊りを求めてのことだった。酒を相手に、いやいや誰を相手にすることもなく、また誰に気兼ねすることもなく、世を憂い、愚痴をこぼし、そして心をいやして元気をもらい、あしたに続く船足をこぐ。ああ、楽しからずや。
 とりたててのテーマもなく、さて折々に、さまざまに、思いの丈を綴っていこう。

最新コメント

プロフィール

宗内 敦(カラーピラミッド)

Author:宗内 敦(カラーピラミッド)
教育・文芸同人誌『琅』発行人
「書肆彩光」代表者
日本教育心理学会会員
日本ペンクラブ会員
”下記の著、拍手・コメントを頂戴した方に贈呈いたしたく。ご希望あれば、ご連絡下さい。”
 ☆『二言、三言、世迷い言』(書肆彩光 1012)
 

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。